働く人図鑑

越田クリニックでは、
さまざまな年代、キャリア、
ライフスタイルのスタッフが
働いています。

越田クリニック 看護師 スタッフ
看護師
川上 久実

ママさん!育休明けました

働くきっかけ
前の職場で専門分野で活躍している先輩看護師をみていて、私も専門的に看護を学んでいきたいと思い、転職を決意しました。治療を頑張っておられる患者様に同じ女性の立場から少しでもサポートすることができればと思い越田クリニックに入職しました。
越田クリニックのココが好き!
スタッフ同志の仲が良く、全員が仕事に対して真剣に取り組んでいて、とても働きやすいところです。
先輩ママナースも多いので、プライベート面でも相談できるのもありがたいですね。
自分の好きな所
融通のきかないマイペースB型な一面もありますが、与えられた仕事は最後まできっちり取り組みます。
目標
子育てと仕事の両立は大変な時もあるけれど、将来子どもに「ママの仕事は素敵!」と思ってもらえるよう、看護師として成長していけるよう、頑張りたいです!

越田クリニック 看護師 スタッフ
看護師
吉田 真由子

ベテラン 勤続9年!

働くきっかけ
30歳を過ぎ、とりあえず不妊でないか検査だけ受けておこうと思い、検査目的で越田クリニックを受診しました。その時にスタッフの接遇の素晴らしさに感動し、このクリニックの一員になりたいと思い、気付けば越田の門をたたいていました。あれから早や9年。あっという間の充実した楽しい9年でした。
越田クリニックのココが好き!
院長の「スタッフがHappyでないと、患者様がHappyになれない」という言葉通り、スタッフのことを大切にしてくれるクリニックです。
そして、スキルアップの機会を積極的に与えてくれます。
またスタッフ同志の仲が良く、部署の垣根を越えて、定期的に美味しいお酒とお料理を囲みながら、親睦を深めています。とても楽しいひと時です。
自分の好きな所
ON・OFF・白・黒がはっきりしていて、若干自分でも面倒くさい時がありますが、こんな自分嫌いじゃないかも。
スタッフの皆さん、こんな私ですがこれからもよろしくお願いします!
目標
ご来院された患者様お一人お一人と、最後に1対1の個別空間の時間があります。
この時に、患者様に声にならない声や言葉の裏に隠されている心情などに、どれだけ耳を傾けられるかで、患者様の表情は変わってきます。この限られた時間の中で、お一人でも多くの患者様の表情が、今より少しでも晴れて前を向いて帰っていただだけるよう、これからもサポートに努めていきたいと思っています。

越田クリニック 看護師 スタッフ
医療技術部
三宅 菜保子

新卒で入職1年半年です

働くきっかけ
友人から胚培養士という職業について教わり、その時初めて知りました。
それまではただ漠然と、誰かの役に立てたらと言う思いで研究に臨んでいましたが、いのちが生まれる、その根幹部分に携わることができるところに魅力を感じ、胚培養士になりたいと思いました。
越田クリニックのココが好き!
大学ではペプチド科学研究室に所属していたので、卵や精子に触れる機会はありませんでした。また、医療従事者としての知識や技術もなく、不安もありました。しかし、院長はじめ、部署の先輩方や他部署の方々が熱心に、何度も丁寧に指導してくださいました。ですので、ココが好きというものではなく“クリニックと言う環境全てが”です。
自分の好きな所
人見知りせず先入観に囚われないところです。
目標
人情の機微に触れて、感じて、些細なことにも気付ける人間になりたいです。
まだまだ未熟で至らないところばかりですが、越田クリニックの胚培養士という仕事を通して、技術の向上はもちろん、人としても成長していければと思います。