総務の部屋

まさかの出来事

総務で働いている皆さんは、従業員の方からいろいろな

お問い合わせがあると思います。

こんな相談、ありませんか?

「インターネットがつながらない」

「コピーの機械が故障した」

「エアコンの調子が悪い」・・・等々。

業務に直結しますから、即座に出来る事をいろいろと考えるのですが

出来ることと出来ないことがあります。

 

先日、スタッフから

「ロッカーのカギありませんか?」

という質問が。

ロッカーの合鍵の相談もよくあります。

家に忘れてきてしまったり、失くしてしまったり等々。

幸い、近くに合鍵を作製してくださる所があるので、

お願いに行こうかと考えていたら

「これ見て下さい~」

 

 

 

DSC_1014
 

何をしたらこんなふうになるのか・・・。
カギ曲がってる・・・。

 

話を聞いてもっと仰天。

 

「左上のロッカーの扉が、私の鍵がささっていたロッカーに

落ちてきたんです。」

 

「?」

 

よくよく聞くと、他のスタッフが扉を開けた状態でかがみ、

慌てて身体を起こしたので、勢いよく扉の下に身体があたり、

その勢いで扉が全部外れ、彼女のカギの上に扉が落ちてきた模様。

 

この予想もできないようなまさかの出来事。

 

「誰もいなくて良かった~。」

 

心の声が響きます。

 

安全配慮義務違反・職場環境配慮義務違反にならないよう

今一度、点検をと思います。

が、

ここまでの予測は難しい~(汗)

35じゃなくて75

ブルゾンちえみではありませんが、75とは・・・。

 

この数字、“部下が上司と飲みに行きたくない”パーセントです。
(6月20日 日本経済新聞 夕刊より)

 

逆に、”部下と飲みに行きたい”と思ってる上司は49%。

上司と飲みに行きたい”と思ってる部下は、たった25%。

 

「ほんとんど行きたくないじゃーん」

 

 

本音でしょうね。(笑)

 

仕事終わってまで職場の人と、それも上司と会うなんて・・・

というところでしょうか。

これが同僚だと、「行きたい!」になってくれるといのですが・・・。

 

 

うちの職場、部署ごとに、はたまた部署を越えてよく飲み会をしています。

みんな楽しんで行ってるから行きたいのかな?

後輩からの本音はどうなんでしょうね。

 

「本音が聞けてよっかったぁ~」←ブルゾンちえみ風に

になるといいのですが・・・。

 

現在当院では胚培養士を募集しています(2018年新卒は締め切りました)

見える化

先日、厚生労働省は“個別労働紛争解決制度”の利用状況を報告しました。

“個別労働紛争解決制度”とは、
①総合労働相談
②労働局長による“助言・指導”
③紛争調整委員会による“あっせん”の3つの方法があり、
労働者と企業とのトラブルを未然に防止し、早期に解決する制度です。

“いじめ、いやがらせ”(パワハラ)の相談件数は、
7万917件で5年連続最多でした。
他、助言・指導も2206件で4年連続最多、
あっせんの申請も1643件で3年連続最多でした。

この最多の数字だけみると、悪くなったと思いがちですが、
具体的に声を上げる人が増え、数字に表れた結果ではないかと考えます。

インシデントレポート(ヒヤリハット報告書)も、
枚数が多いといけないと思いがちですが、書くことで振り返り、
重大事故を未然に防止することになります。

“見える化”ができているのはいいことではないでしょうか。

先輩頑張りました!

今年も開催いたしました!

“新入社員歓迎会”

今年はどんなことをして歓迎するのかと思いきや・・・

 

なんと!

 

ピアノの連弾!

 

ピアノを演奏できる女性は今までも多数見られましたが、

今回は男性2名による演奏です。

 

ピアノを弾ける男性、かっこよさが3割ましになるとか・・・。

 

すごいなあといろいろ聞いてみると

ひとりは一カ月前から、もうひとりは3日前から練習開始したようです。

どちらも演奏経験なし。

 

「えっ!?。すごいやん・・」

 

最終的には、ここに“マンドリン”“フルート”も加わりカルテットになりました。

 

本番は一生懸命な演奏が伝わり新入社員も涙がぽろり。

 

大感動・大感激の演奏となりました。

 

演奏してくれた“医療技術部“の胚培養士の先輩。

越田クリニックの中核のメンバーです。

今年も素敵な歓迎会になり、私もほっとしています。

 

越田クリニックでは、胚培養士を募集しています。(2018年新卒は締めきりました)

一緒に働いてみませんか。

サザエさんをみると・・・

GW後の1週間が終わろうとしています。
前日の”サザエさん”をテレビで見て憂鬱になっていた方も少なくないのでは
ないでしょうか。
(この症状はGWだけではありませんね(笑))

4月から気持ちを張り詰めていた学生や新社会人のみなさんもGWでほっと一息。
今週は駆け抜けられましたか?
それとも長い1週間だったでしょうか。
4月は忙しさと、緊張感もあって気持ちが張り詰めていましたが、
慣れて来たこの時期の疲れは注意しないといけませんね。
当院でも、新入社員や育休明けのスタッフとヒアリングをし
“しんどさ”を少しでも軽減できたらと思っています。

今はスマートフォンアプリでも“ストレス”を測れるものがあります。
カメラで自分の指を当て、脈拍をとりながら計測ができるというものです。
ただ、こちらいろいろな種類があるのですが
私が試したものは広告が映画の宣伝でかなり“ドキドキ”するようなもの。
「脈めっちゃあがるやん」
と思いながらも実際はさほどでもありませんでした(笑)
ストレス耐性を見るには使ってみてもいいかもしれませんね。

越田クリニック 中山久美

総務 中山 久美

Kumi NAKAYAMA

2005年越田クリニック入社。総務課長。
入社よりスタッフの労務管理、
新人教育等、総務全般を担当しています。
好きな作家は宮部みゆき、窪美澄他多数。
社会保険労務士
ハラスメント防止コンサルタント

カテゴリー


最近の投稿


アーカイブ