総務の部屋

腕の見せ所

4月も2週間が過ぎました。

新入社員の皆さんは新しい職場の環境にも

ようやく慣れてきた頃でしょうか。

この時期、総務の方は大忙しではないでしょうか。

ひととおりの手続きが終わったら、いよいよ

 

 

 

“歓迎会”の開催です。

 

 

 

「今年は歌ってくれる方いますか?」

「今年は踊ってくれる方いますか?」

「今年一芸してくださる方いますか?」

 

早速、聞き込み調査です(笑)

新入社員が喜んでくれるならと手を挙げるスタッフがたくさんいます。

 

先輩の裏の顔が見られて、今年も楽しくなりそうです。

相思相愛。

相手を思い、待ち続けているのに「行けない」と言われる淋しさ。

来る日を待ちわびていたのに突然のキャンセル。

そうかと思えば・・・

相手が「行きます!」と応えてくれた時の喜び。

目をキラキラさせ「嬉しかったです!」の笑顔と声。

恋愛の歌ではありません(笑)

採用をしていると、いつもこんな気持ちになり、

心のシーソーゲームを実感します。

4月から当院も新入社員を迎えます。

皆さんが「越田クリニックに来てよかった!」と喜んで

もらえたら総務冥利に尽きますね。(←日本語おかしい?)

先輩も気持ちを新たに受け入れ態勢万全でお待ちしています!!

 

当院では現在、看護助手を募集しております。

 

 

復帰100%

4月より育休が明けてスタッフが3名復帰します。

今年も100%の復帰率です(笑)。

 

職場復帰は嬉しい反面、皆さん不安も一杯です。

「熱だしたらどうしよう・・・」

「親は頼れないから自分一人で子供をみないといけない・・・」

「出産前と変わって早朝勤務難しいかも・・・」

いろいろな不安がつきまといます。

不安はひとりで考えると、どんどん膨らみますよね。

 

先日も復帰のスタッフと不安について、一つずつ考えました。

整理していくと、最初は難しいと思っていたけれど

「出来そうな気がする」から

「やってみよう」そして

「出来る!」と

気持ちの変化が表れました。

 

最初から「厳しいかも・・・」と考えてしまうと

壁は乗り越えられないものです。

専門職の方は、仕事の幅を狭めてしまうと技術も遅れます。

また、働く時間を短くすると収入も減り、保育料はかかるのに

何のために働いているかと自問自答することに・・・。

 

私は職場復帰の日、夜中に子供が熱性けいれんをおこし

病院から出勤しました。

「何もこんな日におこさなくても・・・復帰したからや~」と

自分を責めていたように思います。

あの日あきらなくてよかったと今は誇れる自分がいます。

 

育児の先輩は、職場にたくさんいます!

みなさんその都度、最善を考え乗り越えてきた方ばかりです。

困ったときこそ是非相談!!

遠慮なく頼って下さいね。

 

現在看護助手を募集しています。

4月より社会人

私の通勤駅では、時刻表の案内の掲示版に季節に合わせた

メッセージが表示されています。

“受験生の皆さん! ~ 自分を信じて頑張って下さい。○○駅職員一同”

“~”にもっとメッセージが入っており、私が受験をするのではないのですが、

何か心が温まりますね。

大阪では、今週が公立高校の入試です。

今まで培ってきた力を発揮できますように・・・

 

先日、平成29年3月高校卒業者の12月末時点での就職内定状況が

文部科学省より発表されました。

全体では、90.9%で7年連続、前年同期を上回っています。

調査を開始してから、15年前の一番の落ち込みと比べると

10%以上も上昇しています。

ただ、大阪府は内定率の低い県では、ワースト4位。

内定率の一番高い富山県と比べると12.3%もの開きがあります。

全体として都市部の方が、内定率の低い傾向にはあります。

 

高校で専門科目を勉強し、資格取得の勉強もし、3年間挑戦されて

こられたと思います。

4月より社会人として新出発される高校生の皆さん!

心よりエールを贈ります。

 

当院では、現在看護助手を募集しています。

 

 

越田クリニック 中山久美

総務 中山 久美

Kumi NAKAYAMA

2005年より越田クリニック入社。
総務課長。
入社よりスタッフの労務管理、新人教育全般を担当しています。
好きな作家は宮部みゆき、窪美澄他多数。
社会保険労務士
ハラスメント防止コンサルタント

カテゴリー


最近の投稿


アーカイブ